ユースエール認定制度

ユースエール認定制度と誕生の背景

ユースエール認定
 

ユースエール認定制度とは

若者の採用・育成に積極的で、若者の雇用管理の状況などが優良な中小企業を厚生労働大臣が認定する制度です。これらの企業の情報発信を後押しすることなどにより、企業が求める人材の円滑な採用を支援し、若者とのマッチング向上を図ります。
出典:厚生労働省HP
 

社会背景

少子化に伴い労働力人口が減少する中、若者が安定した雇用の中で経験を積みながら職業能力を向上させ、働きがいを持って仕事に取り組んでいくことができる社会を築くことは、全員参加型社会の実現を図り、我が国全体の生産性の向上を図る上で、ますます重要な課題となっています。
主な社会背景
①:少子化に伴い労働人口が減少
②:新卒入職後3年以内の離職率が高い(大卒約3割、高卒約4割)
③:全体の年代と比較して、若者の不本意非正規社員の比率が高い(15歳から34歳で約2割以上)
 

認定を取得するためには

認定を取得するためにはいくつかの方法があります。
・自社でチャレンジ
・SHEMのセミナーに参加して情報を収集し、自社でチャレンジ
・SHEMのサイトから関係する資料をダウンロードし、自社でチャレンジ(サイト準備中)
・SHEMのサイトから認定取得支援パッケージを購入し自社でチェレンジ(サイト準備中)
・SHEMにお任せするコンサルティングを活用(サイト準備中)

 

関係する助成金

若者の採用・育成を支援するため、認定企業が次の各種助成措置を活用する際、一定額が加算されます。
①:キャリアアップ助成金
②:人材開発支援助成金
③:トライアル雇用助成金
④:特定求職者雇用開発助成金
 

取組の為のサービス

準備中
 

© 2015 SHEM