ホワイト企業マークコンサルタントとは

【ホワイト企業マークコンサルタント】は、弊機構の掲げるミッション「就活生が安心して就活できる社会の実現」を図るため、ホワイト企業化への支援を通じ、就活においてブラック企業を判別する指標=「ホワイト企業マーク」を普及させるスペシャリストです。

ホワイト企業マークについて詳しくはこちら

ホワイト企業マークコンサルタントは、レベルに応じて、

・アソシエイト(初級)
・アドバイザー(中級)
・プロフェッショナル(上級)

と3段階のグレードに分かれており、たとえば人事労務担当者や学生はアソシエイト(初級)、安全衛生担当役員はアドバイザー(中級)、社会保険労務士等の専門家はプロフェッショナル(上級)など、職責や目的意識にあわせてステップアップできるように構成されています。

各グレードとも前のグレードの修了(試験合格)が認定要件になっていますが、必ずしもご経験や資格の有無は問いません。どなたでも受験できます。

働き方改革時代の今、社内外に、就活時に、顧問先に、大きなアピールができる当資格にチャレンジしてみませんか。

①認定コンサルタントの業務の範囲

次のマーク(以下「ホワイト企業マーク」)取得を達成するためのコンサルティング等各種ソリューションの提供

・安全衛生優良企業公表制度(Wマーク)
・健康経営優良法人認定制度(大規模法人部門ホワイト500・中小規模法人部門)
・ユースエール認定制度
・くるみん・プラチナくるみん認定制度
・えるぼし認定制度

※それぞれの下位種(全国健康保険協会支部や自治体独自の認定など)にも対応する力が身に付きます。

②具体的な習得スキル

・ホワイト企業マークの取得コンサルティング
・安全衛生委員会への参画
・事業場巡視
・研修講師
・助成金コンサルティング

※1.助成金コンサルティングについては、社会保険労務士でない場合、別途提携が必要です。
なお、ここでの「助成金」とは雇用保険関連の公的助成金を指します。
※2.グレードごとに習得するスキルは異なります。上記はプロフェッショナルの例です。

③グレードごとの認定試験概要

アソシエイト(初級)
アドバイザー(中級)
プロフェッショナル(上級)

アソシエイト(初級)

〔レベル〕ホワイト企業マークに共通して求められるコンプライアンス条項と主な認定基準について理解できている。
〔出題範囲〕試験直前に弊機構オリジナルテキストを用いた事前講習を実施し、その受講内容に基づいて出題する。
〔合格基準〕多肢選択式全40問 正答率7割以上(100点満点中70点以上)
〔認定期間〕認定年月日より1年間※当該年月日を記載した認定証を発行します。
〔受験料〕5,400円
※このほか、合格者にはコンサルタント活動支援料1,000円(月額)、認定手数料5,400円、認定更新料6,480円(年額)が別途かかります。
〔募集人員〕1回30名
〔受験会場〕東京都内(申込受付後に発行する受験票に記載してあります)
※今後WEB受験や地方開催も検討中です。
〔申込期間〕令和元(2019)年6月開始 ※詳細は別途当ページでお知らせします。

〔合格特典〕
・弊機構からのメルマガ・会報の発行
・イベント優待
・認定証発行
・弊機構WEBサイトのコンサルタント一覧への掲載
・名刺への「ホワイト企業マークコンサルタント」の記載

アドバイザー(中級)

※現在申込みを受け付けておりません。

プロフェッショナル(上級)

※現在申込みを受け付けておりません。

© 2015 SHEM