2017/07/26 長時間労働是正への新しい提言と画期的な助成金活用法~働き方改革の落とし穴~ (無料)

【開催概要】

日時:2017年7月26日(水) 14:30~17:00 (受付14:00~)
会場:ワーカーズ俱楽部 神田本館Bルーム
住所:東京都千代田区内神田1-8-9 福田ビル2F
http://www.workers-cc.com/map.html
定員:20名(申込先着順)
参加費:無料
参加者対象:経営者、役員、人事・総務担当者、就活生、求職者、など

参加者特典:
(1)「長時間労働是正の虎の巻」を差し上げます
(2)「使える助成金27種の解説書」を差し上げます

応募フォームへ >>>

主催:SHEM 非営利一般社団法人安全衛生優良企業マーク推進機構
共催:ホワイト企業化推進コンソーシアム研究会、マオ社労士事務所社会保険労務士事務所 そやま保育経営パートナー

━━ 《参加者特典》プレゼント ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1)「長時間労働是正の虎の巻」を差し上げます
(2)「使える助成金27種の解説書」を差し上げます
 本セミナーにお申し込みいただいた参加者全員にプレゼントいたします。
※セミナー終了後参加者全員にメールにて送付
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【プログラム】

「そこに山がある限り登り続ける」と外国の登山家が言った。「そこに仕事がある限り働き続ける」と日本の会社員が言った。働き方改革とは一体何だろう?それをすると、企業や私たちにはいったいどんなメリットがあるというのだろうか?働き方改革について自問自答してみる、それがこの未知の山の登山口なのかもしれない。

◆Session1 14:30~14:40〈10分〉

主催者挨拶

非営利一般社団法人安全衛生優良企業マーク推進機構
理事長 木村 誠

◆Session2 14:40~15:20〈40分〉

テーマ:「働き方改革」9つのテーマを解説

スピーカー:社会保険労務士事務所 そやま保育経営パートナー
      代表 楚山 和司

プロフィール
開成高等学校・早稲田大学 卒業
社会保険労務士・キャリアコンサルタント・安全衛生優良企業アドバイザー・健康経営アドバイザー・女性活躍推進アドバイザー(平成29年度厚生労働省委託事業)
「ワーク・バリュー」「ワーク・ライフ・インテグレーション」「インターナル・コミュニケーション」の3つをキーワードに、また「働きやすさを『見える化』する」をミッションとして、労働市場における採用コストの過当競争やその結果としてのマッチングミスによるロス、労使双方の市場価値の歪めあい等々、是正のための各種公的認定(Wマークなど)取得支援や取得に資する助成金申請代行業務を積極的に展開している。現在、法定業務のほか『月刊総務』をはじめとした業界誌の取材、人事労務関連コラムの執筆・監修、国内最大級Q&Aサイト登録専門家として、各種メディアでも幅広く活動中。

サマリー
今年3月、安倍総理の肝いりで設置された「働き方改革実現会議」から、ひとつの成果が発表されました。その名も「働き方改革実行計画」という、先に閣議決定された「ニッポン一億総活躍プラン」とあいまって、今後の日本の成長を占うともいえる壮大なプランです。この計画は9つの検討テーマと19項目の対応策で構成され、実現に向けた具体的な工程表もあわせて策定されている点が特徴です。本Sessionでは、連日報道を賑わせてやまないこの計画の全体像を概説し、実際に「何が求められ」「何が規制され」「何から取り組むべきか」といった、ファーストステップにつなげるためのポイントを重点的にお伝えします。

〔主なトピック〕
9テーマから特に
・長時間労働の是正
・病気の治療、子育て・介護等と仕事の両立
・女性・若者が活躍しやすい環境整備
について概説し、
・働き方改革実践“不成功”事例
・働き方改革実践“廃止”事例
についてご紹介します。

–休憩–〈10分〉

◆Session3 15:30~16:05〈35分〉

テーマ:長時間労働是正への新しい提言

スピーカー:マオ社労士事務所(個人情報保護事務所認定) 
      特定社会保険労務士 秋山忠夫

プロフィール
マオ社労士事務所所長
第一種衛生管理者・心理相談員(中災防)・健康経営アドバイザー(東京商工会議所)・個人情報保護士
開業当初より、「ホワイト企業化推進を助成金を活用して行うことで、生産性向上、人材確保・定着を実現できる」と宣言し、中小企業のユースエール認定、くるみん認定や助成金支援に奔走している。大の貓好きで、事務所の名前も愛猫マオから命名。

サマリー
長時間労働是正の現実……
ノー残業デーにできなかった「仕事」が翌日に待ちこされ、残業バイバイ(倍々)デーに!
会社パソコン強制終了の間際に個人のパソコンにファイルを送り、自宅やスタバで残業デーに!
会社を早く出ても家に帰りたくない従業員は居酒屋に行く回数が増え、メタボ社員が急増!(健康経営の不健康社員)

長時間労働是正に成功しても……
残業削減で人件費削減に成功し、一時的に生産性向上に繋がっても、従業員への利益還元がなければ、社員のモチベーション下がり、再び生産性は下降の一途をたどる!
つまり、長時間労働を是正するだけでは生産性は向上しない!し、従業員も幸せになれない。
長時間労働是正の新たなる提案とは? セミナーでその秘策を大公開!! 乞うご期待

◆Session4 16:05~16:35〈30分〉

テーマ:画期的な助成金活用法

スピーカー:マオ社労士事務所(個人情報保護事務所認定) 
      特定社会保険労務士 秋山忠夫
     :社会保険労務士事務所 そやま保育経営パートナー
      代表 楚山 和司

「働き方改革」で使える助成金
・両立支援等助成金(女性活躍加速化コース)
・両立支援等助成金(出生時両立支援コース)
・両立支援等助成金(育児休業等支援コース)
・職場意識改善助成金

サマリー
数多くある助成金にはブラック企業を寄せ付けない領域がある。それらの助成金は魔法の杖や箒にはなれないが、働き方改革と真摯に向き合う企業にとっては瓢箪から駒の「救世主」となることだろう。何らかの理由でこれまで助成金と無縁だった企業も、これを機に企業にとって真に有益な助成金を見出し、企業に潜在化する未知の力を引き出し、経営者も従業員もあの日の笑顔を取り戻そう。

◆個別相談タイム 16:35~17:00〈25分〉
~個別のご相談に応じます~

応募フォームへ >>>