2022/4/26 今や求職者にとって当たり前!?今後注目のSDGs目標「ジェンダー平等」解説&2022年4月より従業員101名以上の企業が義務化となる「一般事業主行動計画」(女性活躍推進法)と「えるぼし」(厚生労働省)【ホワイト企業マーク認定 Basic Day ~基礎編~】

受付を終了しました。

その他受付中のセミナー

https://shem.or.jp/seminar-accepting-list

  • 日時:2022年4月26日(火) 14時30分~16時00分(受付14時15分~)
  • 会場:zoom     ※お申し込み後URLをお送りします。
  • 定員:100名(申込先着順)
  • 参加費:無料
  • 参加者対象:経営者、役員、人事・総務担当者、就活生、求職者、など
  • 主催:SHEM 非営利一般社団法人安全衛生優良企業マーク推進機構
  • 共催:社会保険労務士事務所 そやま保育経営パートナー
  • 協力:株式会社JBMコンサルタント

※同業他社のご参加はご遠慮いただいております

《参加者特典》プレゼントは、SHEMオリジナル

    1. 個別相談 30分【無料】
      ・・・ホワイト企業マーク全般に関するご相談をお受けします。
    2. ホワイト企業マーク総合診断 17,380円(税込)→ 無料【限定10社】
      ・・・自社のホワイト企業マークへの到達度が分かる。〈現状把握〉
    3. えるぼし基準達成モニタリング(簡易版)※S1で解説
      ・・・えるぼしマーク認定のうち、主要な認定基準への適合状況がすぐにわかる検証ツール。

※参加者特典1.2.は、同時にお申込みいただくことが条件となっております。


◆Session1 14:40~15:15〈35分〉

テーマ:
「女性活躍」から「ジェンダー平等」へ~SDGsへの貢献にも活きる、ホワイト企業マークの可能性


スピーカー:
非営利一般社団法人安全衛生優良企業マーク推進機構 理事
社会保険労務士 楚山 和司

楚山 和司


サマリー:
近年投資の世界のみならず教育界・産業界を中心に急速に普及・啓発が進むSDGs。国連が標榜するこの「持続可能な社会」のための目標のひとつに「ジェンダー平等」が挙げられます。これまで日本国内においては主に女性の活躍という、特定の性に着目した労働施策が中心に掲げられていますが、世界基準においては既に遅れを取っています。これからのグローバル企業に求められる、さらに広い視点からの「誰もが活躍できる職場づくり」について、解説します。


アジェンダ:
1.日本の現状「女性活躍推進法」とは?
2.「ジェンダー平等」へのステップアップ
3.ホワイト企業マーク「えるぼし」のご紹介


◆Session2 15:15~15:50〈35分〉

テーマ:
認定への取組みに助成金も!いま急速に注目される「えるぼし・プラチナえるぼしマーク認定」(厚生労働省)とは?


スピーカー:
非営利一般社団法人安全衛生優良企業マーク推進機構 理事
社会保険労務士 楚山 和司

楚山 和司


サマリー:
国の認定するホワイト企業マークのうち、女性の活躍推進に優れた企業に与えられる「えるぼしマーク認定」およびその上位「プラチナえるぼしマーク認定」。2020年度からは認定基準も実質的に緩和となり、これまで基準を満たすことのできなかった企業へも、申請の裾野が拡大しました。来るべき女性活躍推進のための行動計画策定義務化(えるぼし・プラチナえるぼしマーク認定の前提要件でもあります)に備え、従業員数101人以上300人以下規模の企業は特に、認定への取組に国の助成金が支給されるこのマークを、今こそ目指してみませんか?


アジェンダ:
1.「えるぼし・プラチナえるぼしマーク認定」とは?
2.認定基準と必要な取組
3.認定のメリットと注意点


◆アンケート回答 15:50~16:00〈10分〉
〜アンケート回答者には、当日の資料スライドと特典をご提供します〜
※プログラムは予告なく変更となる場合があります。

© 2015 SHEM